古民家をリノベーションしたいのですが、知識がないのでアドバイスほしいです。

Q.古民家をリノベーションして住むメリットはあるのでしょうか

古民家がブームとなっていますが、そもそも古民家というのはどのような家なのでしょうか。
地方の田舎にあるイメージなのですが、古民家に住むには地方移住するしかないのでしょうか。

そして、古民家に住むメリットってどのようなものがあるのでしょうか。

A.古民家の定義ははっきりしたものはありません

古民家というのは、古くから伝わる日本の伝統的な建築工法で建てられた家であること以外、具体的な定義というのはありません。
国の文化財登録されているような家については基本的には50年以上経ったものが対象となっていますが、古民家については特に築何年であるというものは取り決めがありません。
ただ、古民家に使われている古材についても50年経ったものをさすため、最近では築50年以上経った建物を古民家と考える人が多いです。

古民家と呼ばれる古い家の中には、全体を再生したものや、古民家を解体した古材を組み合わせて古民家風に建てたものもあります。
そこで、昔ながらの家の作りであり、歴史を感じさせる家が古民家という認識でも十分に問題ありません。

A.都会でも古民家はあります

古民家だから地方の田舎に住まなければならないというわけではありません。
もちろんだからと言って都心にもあるわけではないですが、関東でも古民家の物件が残っている地域もあります。

また、古材を集めて古民家風の家を建てたり古民家風にリノベーションをするという方法もあります。
そこで、都心に住んでいるから古民家に住むことができないと諦める必要はないのです。

A.古民家リノベーションならではのオリジナリティのある家が作れる

古民家のリノベーションをすれば、他の人とは違うオリジナリティのある物件に住むことができます。
日本の昔ながらの武家屋敷や街屋敷風の物件のたたずまいでありながら、中は今の生活にあったスタイルの家を建てることができます。

新築では出せない風合いやデザインの家を作ることができます。
既成概念にとらわれない世界に一つだけの自分らしい家を作ることができるのです。

A.古民家ならではの機密性の低い隙間のおかげで防げる病気があります

やはり、古いということで家の状態によっては耐震対策が必要となります。
そして古くからの家であるために機密性が低く隙間がありますから防寒対策も必要となります。

ただし、古い家だからこそのメリットもあります。
それは体に優しい家となっていることです。

古民家は昔ながらの材料と工法とで作られているのでシックハウス症候群の原因となるような物質が使われていません。
また、リノベーションをした後も風が建物内を循環しやすいつくりとなっているのでシックハウス症候群の原因となるような物質も空気中に揮発しても外へと流してくれます。
また、空気が循環することで室内の乾燥が防げ、適度に湿度があるおこ上げでアレルギーやアトピーを抑える効果もあるとされています。