アジアンリゾート風の住まいをリノベーションで作りたい!アドバイスください!

Q.リゾートテイストの家に住むのは微妙なことなのか

アジアのリゾート地をイメージしたような家に住みたいと思うのですが家族に反対されています。
やはり住みにくさがあるものなのでしょうか。

また、アジアンリゾートをイメージした家を作る際の工事のポイントやレイアウトのオススメがあれば教えてください。

A.DIYブームの影響もあり、部屋のイメージは各人の自由にする風潮が流行しています

最近、DIYブームや生活の質の向上を目指す人が増えたことから、自宅のリフォームを積極的に行う人が増えています。
その中で部屋にテーマをもたせたインテリアコーディネートが流行しています。

特にリゾート風の部屋づくりというのはおしゃれで人気が高いものです。
アジアンテイストは自然の風合いも強いので日本の住宅にもあうコーディネートです。
生活スタイルに応じて取り入れる部分を決めれば良いことなので、住みにくいということは決してありません。

A.アジアンリゾートな部屋にするには自然素材がポイントに

アジアンリゾートはバリに代表するような藤やバンブーといった自然素材が多く使われた部屋です。
手作り感が強いこと、自然を感じられることから落ち着くと人気になっているテイストです。
ソファーの一部に藤が使われていたりバンブー素材のチェストを置いたり、観葉植物もリゾートテイストの強いものを置いたりということでアジアンリゾートの風合いを出すことができます。

A.アジアンリゾートテイストのリノベーションに踏み切る前に簡単な模様替えから

家の内装から全て作り変えられれば、アジアンリゾートの風合いを出すことができますが、初めからリノベーションまですることには抵抗がある人も多いものです。
やはり、人の趣味というのは変わるものですから大規模に工事して好みが変わった時が怖いためです。

そこで、不安がある場合には、家具や照明で少しずつアジアンテイストを取り入れてみることがオススメです。
実際に生活に取り入れてみて、スタイルとして気に入ったり過ごしやすいと感じたりすれば、もっと本格的に内装にも手を加えてアジアンリゾート化を進めていけば良いのです。
このように段階を踏んでリゾート化をしていくことが失敗しないことには重要です。

A.リノベーションするならば壁面はアジアンテイストに

やはり、内装にもアジアンテイストを取り入れていくというと、壁面にはこだわりたいものです。
アジアンテイストな壁紙を貼り付けたり、壁の素材に部分的にバンブーを取り入れたりということをすれば一気にアジアンテイストが高まります。

壁が仕上がれば、そこにアジアンテイストなファブリックをかけたり絵を飾ったりすることで一層アジアンテイストが高まります。
また、作り付けの照明の場合には、藤やバンブー素材の照明器具に付け替えることもオススメです。