不動産投資のリスクについて教えて下さい

不動産投資は本当にお得か?

名古屋市港区在住 年齢:40代 性別:男性
将来老後の生活に不安を感じるようになり、今のうちに何らかの形で資産運用をしたいと考えています。

資産運用についていろいろと自分なりに勉強をしてみたのですが、やはり形のないただの金融資産よりも実物として手元に残る不動産がよいのではないかという結論に達しました。

とはいえ金融業者やファイナンシャルプランナーの意見をいくつか読んでいると、不動産に投資することのリスクの高さを強調するものもあり絶対これがよいという決心がぐらついてしまっています。

直接金融機関や関連業に関わりのない一般の方からの意見を聞きたいのですが、実際のところ不動産に投資をするリスクというのはどの程度のものなのでしょうか?

公平な視点でのご意見をお待ちしています。

投資のリスクはどれも同じ

by自動ボルダリングさん 年齢:40代 性別:男性
不動産に投資することのリスクを気にしておられるようですが、先にはっきり言ってしまうと不動産に限らずどんな投資にも必ずリスクは伴います。

問題はそのリスクがどの程度のものかということですが、資産価値の上下という面でいくと他の金融商品よりはリスクは若干低いと言えるかもしれません。

というのもFXや先物取引の場合は完全にマネーゲームとして動いていますから、ちょっとした値動きで数百万円単位が一瞬で吹き飛ぶということがよくあります。

その点現物が目の前に残る不動産はそこに存在をしている限りは資産としてはゼロになることはなく何らかの形で売却ができるものとなります。

ただし現物としてそこにあるということはどうしても経年劣化を起こすということが避けられませんから、仮に買ってから全く使わずに放置をしていても数十年後にはかなり資産価値は目減りしてしまうことになります。

ですので現在はバブル期のように買ったそばから値上がりして売却すれば利益が出るという状況は期待できない以上、自宅として使用するなど資産価値以上の使用方法をすることを前提にしておいた方がよいと言えるでしょう。

ただ物件によって資産価値が時間の経過によってどのくらい下がるかということは、その土地の場所や建物の用途によって大きく変化しますので長期的に価値を伸ばしたいということなら地価にもしっかり注目しておきたいですね。


不動産投資を成功させる秘訣

byユンボマスターさん 年齢:30代 性別:男性
不動産投資を成功させる一番のポイントとなるのは「高いなら買わない、安いなら買う」ということです。

この判断が難しいところですが、不動産にも時期によって割高な時と割安な時というものがあります。

その見分け方については色々な方法がありますのでプロの不動産業界の方の話を参考にしてもらいたいですが、それがうまく行けばかなりの資産をモノとして残すことができます。

ただし不動産投資の一番のリスクとなるのが火災や自然災害で、そうした不確定要素が起こった場合どんなに資産価値を維持するための努力をしていても一瞬で失ってしまうことになります。

もし不動産投資の方法として既存住宅を購入するのではなく自分で建築されることを考えているなら、そうした災害時に対応できる耐久性のある建築物にしておいた方がよいでしょう。